ゲイカップルがラブホテルから入店を断られるという話は、良くあることです。
それなのに女性同士は、堂々と入れるのです。
これって、なんだか不公平のような気がしませんか?
女性同士のラブホ利用は、必ずしもレズビアンとは限りません。
カラオケなどの施設が揃っている上に、周りを気にせず思い切って騒げるので、女子会目的で利用する人も多いようです。

では、どうして男同士は断られることが多いのでしょうか?
理由はいくつか考えられます。
・性行為によって室内を汚されてしまうから
・男同士は悪ふざけの度が過ぎるから
・ゲイへの偏見、ゲイ専用というイメージがつくのを恐れているから
・犯罪を警戒しているから

ただし、地域差もあります。
異性同士、ゲイ同士、レズ同士と客を選んでいては経営が成り立たないホテルもあります。
そういうホテルは、来るもの拒まず幅広く受け入れています。

断られる理由については納得できないこともありますよね。
部屋を汚すのは、ゲイカップルに限ったことじゃないはずです。
しかし、どうしても少数派のゲイは目立ってしまい、マイナスのことがあると全体に飛び火してしまいがちです。
30代からの出会い系デビュー


せっかく自分好みのカッコいい人がいる!と思ったのに、会ってみたらまったくの別人でがっかりということはないですか?
ゲイ出会い系サイトだけに限ったことではなく、他のサイトでも自分の写真じゃない画像を、プロフィール写真として載せてしまう人が多くいます。
大抵はモデルの写真であることが多いですが、ネット上にある他人の写真を無断で使用している場合は、悪質ですね。

特にイメメン、マッチョばかりの写真がずらりと並んでいる場合は、そのゲイ出会い系自体が怪しいです。
そもそも、悪用されて強請られる可能性もあるのに、不用意に顔出しで写真をサイトに載せてしまう人はまずいないでしょう。

また、自分の写真を送ってくれと頼まれる場合がありますが、あまり気が進まないうちは無理して送る必要もないでしょう。
特に、出会い系サイトで知り合ったばかりなら、警戒したほうが良いです。
会ってみればどうせ顔なんて分かりますし、もっと親しくなってからお互いの写真を交換したほうが無難です。

病気をうつされた


ゲイ出会い系サイトでセフレを求めている人は、性感染症に気を付けましょう。
やはり性感染症にかかっている人も多く、中には相手に感染させてしまう危険性を知っておきながら、平気で性交渉を求める危ない人もいるので、要注意です。

ゲイの性交渉で良くうつってしまう性感染症には、性器ヘルペス、梅毒、淋病、尖圭コンジローマなどがあります。
性器や口の中の粘膜などにしこりができたり、炎症がおきたりすれば感染症の疑いが高いので、速やかに病院で受診しましょう。

また、上記に挙げた感染症はほんの一部で、他にも肝炎や毛じらみなどをうつされてしまうこともあります。
その中でも一番重大な感染症といえば、HIVです。
感染してしまうと完全に治す方法はありません。
発症を抑えることしかできませんが、もし発症してしまうと免疫力が無くなっていく恐ろしい病気です。

病気の感染を防ぐには、ゴムを装着してからの性交渉を徹底しなくてはいけません。
もし相手に断られたら、そこできっぱりと拒む強い心を持ちましょう。
何となく流れに任せてしまうのが、一番危険なのです。
男子校にはゲイが多い?


ゲイ専用出会い系だから登録したのに、サイトの様子かおかしい!
どうやら会員の中にノンケや女性が混ざっているのでは?と感じることもあります。
ノンケの男性の場合ですが、単にゲイを冷やかすため以外の目的でゲイ用の出会い系に登録します。

それは、女性をナンパするためです。
普通の出会い系サイトではサクラばかりで会うのが難しいので、穴場となるゲイサイトを利用するのです。
女性には男性の同性愛に興味がある腐女子がいて、その人たちが登録することもあります。
または、ゲイにはマッチョな男性が多いからと、あえてゲイサイトを選ぶ人がいます。
その女性たちを目当てに、ネットナンパをします。

もちろん、サイト側に女性であることがばれると、即効削除されてしまいます。
ですがニューハーフだと言ってしまえば、サイトはそこまで確認することはないので結構残れてしまうんです。
出会いが少なくて困っているゲイのためのサイトなのに、ノンケや女性に荒らされてしまったら、やってられません。

悪徳業者にだまされた


やはりゲイ出会い系サイトでも、悪徳業者に騙される人が多くいます。
「完全無料と聞いていたのに、あとから料金を請求された」
「サイト内で知り合った人に他のサイトへ登録するように誘われたが、有料サイトだった」
「退会の仕方が分からない、退会希望のメールを送っても返事が来ず、メールが届く」

悪質なゲイ出会い系サイトには、とても分かりやすい特徴を持っているサイトがあるので、せめてその特徴だけでも抑えておきましょう。
・料金体系が分かりづらい、ちゃんと明記されていない、小さな字で分かりづらい
・登録している会員の写真はイケメン・マッチョばかり!しかも顔出し・・
・経営者情報は一緒だけどサイトの名前がコロコロ変わる

出会いの実績があるサイトは自信があるので、サイトの名前を変えたりしません。
しかし、あくどいことをしているサイトは、自分達の悪事が世間に広まりつつあれば、会社やサイトの名前を変えて、新たに人を騙そうとします。
経営者情報はいい加減なことが多いので、名前や住所だけで判断するのは難しいと思います。
しかし、名前もサイトも変えたのに、振込先の口座番号や口座名は一緒だったということも多いので、口座名に注目してみるのも良いでしょう。